住宅ローン 職業

住宅ローンを借りる際の職業

金融機関で住宅ローンの申請をする際は安定した収入を得られるか?すなわち給与所得がある会社員であるかが第一の選考基準です。

 

もちろん収益のある法人会社の経営者であれば法人貸付などを利用してローンを利用できますが、会社員・公務員が一番住宅ローンを融通されやすいです。

 

いずれにせよ、金融機関に住宅ローンの審査をお願いするのが早いです。ネットでも審査が受けられますので、是非利用してみてください!

 

>> コチラの住宅ローン一括審査申し込みができます。【住宅本舗】

 

 


自営業、個人事業主の住宅ローン

安定した収入・給与を持つ公務員、会社員は住宅ローンの審査がラクです。翻って個人事業主、自営業の方は一般の住宅ローン審査が厳しいとされています。また、派遣社員として働いている方も住宅ローン審査は厳しいようですが、以下の条件を満たした上で交渉することで住宅ローンは比較的利用できるようです!

 

・消費者金融やカードローン、クレジットカードキャッシング等が無い
・融資金額と担保(つまり購入する物件の価値)がつりあっている
・新築で購入する
・比較的安定した年収が見込め、年収に対する毎月返済額がつりあえる(確か、1年の返済金額が年収の25%くらい)

 

そして「フラット35」を利用することです!フラット35は国が主導する「旧住宅金融公庫(住宅金融支援機構)」を運営母体としていますので、融資審査の対象範囲も広く住宅購入を応援してくれる住宅ローンです。

 

フラット35はすべての住宅を建てたい方に平均して利用しやすく設計されてますので、一度確認してみましょう!

 

ほとんどの方は住宅ローンが安くなります!「借り換え」を活用しませんか!?

↓今後の金利上昇リスクに備える借り換えができます!↓