住宅ローン 組み方

住宅ローンの賢い組み方

土地付の新築建物、建売住宅、新築マンション、中古マンションを購入する場合、一番よい購入方法は「全て現金払い、キャッシュで払う」ことです。それは住宅ローン金利を支払らう必要がないということですが、実際、平均住宅購入額3,000〜4,000万円を住宅ローンなしで購入するのは至難の業です!

 

>> コチラの住宅ローン一括審査申し込みで金利とか可能額を比較できます!【住宅本舗】

 

住宅購入資金の平均総額 ・・・ 大体3,000万〜4,000万円前後となっています。

 

で、あればいかに「住宅購入プラン〜住宅ローンを組む〜住宅ローンの支払い設定」を賢く構築して考えていくかで住宅購入に関する住宅ローンの負担を少なくしていかなければいけません!コチラでは住宅ローンの賢い組み方を考えていきます。

 


住宅購入、住宅ローンを賢く設定していく

住宅ローンの賢い組み方は経済状況、金利状況、個人の年収やライフプラン、生活環境によって違いますが、基本は「借りれる額ではなく、毎月安心して返せる額で住宅ローンを組む」ことです。住宅購入総額、金利、返済期間に加え、自分の年収、ライフプラン、資産状況を考える事が大事ですね。

 

以下に住宅購入、住宅ローンの賢い組み方を考える上での基本を記載しておきます。こちらをベースに住宅メーカーや工務店、銀行や金融機関との交渉に当たりましょう!

賢い住宅ローンを組む心構え
借りれる額ではなく、毎月安心して返せる額で住宅ローンを組む! ・・・ 妥協も必要!
住宅ローンは多くの金融機関から見積もる!金利は競合させる! ・・・ 金利は下げれる!
ボーナス払いを期待しない!ボーナスより副業・投資を! ・・・ 収入アップを考えよう!
頭金は多い方が購入総額は安くなる! ・・・ 頭金貯蓄に励もう!贅沢は敵!
退職までに返し終える返済期間がベスト! ・・・ 退職金は老後資金!
出来れば固定金利で支払いを家計の固定費に! ・・・ 金利変動のリスクは避けたい!
住宅購入で資産・預貯金を全て使い切らない! ・・・ 購入後もお金が・・・。
現実を直視した中での住宅購入が大事! ・・・ 現実の中で夢を実現させることが大事!

豪華な家やマンション、立地の良い土地・・・夢や希望は尽きることはありませんが、今後の老後資金、教育資金を視野に入れた上で、「現実(返せる額・手持ち資金)の中で夢(マイホーム)を実現させることが大事」と考える多少厳し目の住宅購入プランを受け入れることが大事です。

 

それを基本とした住宅購入と住宅ローンの賢い組み方は「将来使うお金をなるべく使わずに、ムリない家計の固定費出費でまかなうように調整する」。そして、この現実をかなえてくれる住宅メーカーで住宅を購入し、住宅ローンを組める金融機関と契約することです。

 

諦めずじっくり探せば条件に合う住宅メーカーや工務店、金融機関は必ず見つかります!

 

ドンドン積極的に銀行、住宅メーカーに訪問し、情報を集めましょう!

ほとんどの方は住宅ローンが安くなります!「借り換え」を活用しませんか!?

↓今後の金利上昇リスクに備える借り換えができます!↓


住宅ローンの賢い組み方記事一覧

毎月の住宅ローンの引き落としは給与などが振り込まれる口座からだと思いますが、予定外の出費で毎月の住宅ローン引き落とし日に住宅ローンが引き落とせなかった場合はどうなるのでしょうか?住宅ローンの引き落とし忘れがある場合、滞納という形になります。債権回収業者に委託ということもあるようですので、早めに入金するようにしましょう。これは今まで一度も滞納したことがなくても、厳し目にチェックされます。滞納の利息も...