中古物件 住宅ローン

中古住宅・中古物件の住宅ローン

中古物件、中古住宅、中古マンションでの住宅ローンは借入期間に一部制限がある場合があります。耐久性などの面から新築購入よりも多少審査が厳しいかも?ただ、住宅ローンが組めないということではありません。

 

中古物件では長期固定型のフラット35も利用可能です。

 

>> コチラの住宅ローン一括審査申し込みで金利を比較できます!【住宅本舗】

 

 

中古住宅、中古マンションでは建物の耐久性が考慮されるの住宅ローンの借入期間が短くなる可能性があります。30年で住宅ローンの返済を予定していたが、実際には25年で想定していた返済額を超える・・・ということもあります。

 

「フラット35」は中古物件の購入で有利に利用できる住宅ローンの1つです。「フラット35」の融資対象物件の要件については、中古物件・新築物件とも床面積や購入価額についてはほぼ同様ですが、築年数と耐久性などの「住宅の質」については厳しいチェックがありますので、中古物件で「フラット35」を利用する場合は、物件の調査確認を仲介業者にきちんと確認しましょう!

 

 

 


リフォーム、リノベーション

今後は新築だけでなく、中古物件の市場が大きくなると想定されています。

 

中古住宅であればリフォーム、中古マンションであればリノベーションが施されると新築同様に美しい住宅となります(・∀・)b

 

アメリカのように投資対象として中古物件をきれいにして高く売る・・ということでなく、購入費用を安く抑えつつ、少子高齢化の進む日本の都市集中型住宅のニーズを満たすには中古物件を活用することが大事だという政策があります。

 

今後は日本の新築好きも減っていくと思われます。

 

 

ほとんどの方は住宅ローンが安くなります!「借り換え」を活用しませんか!?

↓今後の金利上昇リスクに備える借り換えができます!↓