住宅ローン 個人事業主

自営業・個人事業主の住宅ローン

自営業・個人事業主の方が住宅ローンを組む場合は多少審査が厳しい・・・というのが常のようです。転職直後、派遣社員の方もそうです。

 

近年は返済能力を重視する傾向にありますので、個人事業主とはいえ過去数年の確定申告内容での経理状況をみて問題なければ融資は通りやすくなっています。ただ、自営業・個人事業主の方でも「メインバンク」での交渉で多くの方が住宅ローンの契約をしています。貯金、財形、定期預金、事業の入出金に利用しているなどの実績が認められれば住宅ローンの契約も可能です。

 

>> コチラの住宅ローン一括審査申し込みで金利を比較できます!【住宅本舗】

 

 

 


事業用と住宅を兼用する

事業者、個人事業主の方が住宅ローンを利用する場合、事業用として自宅も兼用させる方法があります(・∀・)b

 

美容室、理容室、マッサージ、ピアノ教室、カフェ、雑貨屋、飲食店・・・・などなど多くの自営業の方が、店舗兼用自宅を持っていますよね。

 

あの方法ですね(・∀・)b

 

銀行の融資だったりということになりますが、通常の住宅ローンでは通りにくい面も事業用としてなら、融資対象となりやすいようですよ!

独立前に購入する

将来、自営業になる、独立するという方でマイホームがほしい、マンションがほしいという方は退職前に購入することをオススメします。

 

独立後、黒字継続が3年位続かない限り住宅ローンは借りれないことがほとんどです。
一括の現金があれば別ですが・・・。

 

会社員、公務員・・という努め人のメリットはある程度安定した給与があることです。銀行はローンをつける際に安定を重視しています。

 

ということで、安定している給与をもらっている間に、住宅の購入や不動産を購入しておきましょう。

ほとんどの方は住宅ローンが安くなります!「借り換え」を活用しませんか!?

↓今後の金利上昇リスクに備える借り換えができます!↓