住宅ローン 団信保険

住宅ローンでは生命保険・団信保険

団体信用生命保険は、社団法人全国地方銀行協会を保険契約者、銀行を保険受取人、銀行から融資を受けている賦払債務者(住宅ローン利用者)を被保険者とする保険契約です。住宅ローン支払い者が万一の際、保険で住宅ローンが免除されます。

 

安心して遺族が住み続けるために、団体信用生命保険は欠かせない存在です。でも自分の命を担保に住宅ローン組んでる気がしてくる・・・という解釈もできなくはないんですが・・・(泣)。

 

ただ、これは家族に残せる安心のプレゼントだと思えば・・・それなりに払う理由にもなりますね。

 

↓住宅ローンを組んだら、必ず生命保険の見直しもしておきましょう!

 

 

↑全国に無料保険見直し相談窓口あります!【みつばちほけん】↑


住宅ローンに欠かせない団体信用生命保険

団体信用生命保険は賦払債務者の人が死亡または所定の高度障害状態になられたとき、生命保険会社が所定の保険金を保険金受取人である銀行に支払い、その保険金を債務の返済に充当する仕組みの生命保険です。

 

簡単に言うと、家の名義人が亡くなったら家のローン残存を払わなくてもよくなるための保険が団体信用保険です。
※ちなみに太陽光発電も団体信用保険が適用されます。

 

住宅ローンの利用者が、団体信用生命保険に加入していない場合、万が一のことが起こったら、残された家族が住宅ローンを支払う義務が発生します。残された家族が万一の際も安心して購入した住宅に住み続けるために、団体信用生命保険は大事な保険です。ただ、団体信用生命保険に加入したら家計の生命保険などの見直しもやってみましょう!住宅を購入したことで必要ではない生命保険がでてくるかもしれませんので・・・。

団体信用保険に加入しない

中には団体信用保険には加入せず、生命保険でカバーするという方もいます。

 

団体信用保険は住宅ローンを組んでいる方が多く加入している掛け捨ての保険ですので、ある程度安くなっています。
また、住宅ローンを払い続けている限り、住宅ローンの残りは少なくなるので、団体信用保険も少しずつ安くなります。

 

団体信用保険に加入せず、生命保険でカバーする場合は、医療保険か掛け捨ての保険に加入し、家のローンと同額程度の保険に世帯主の方が加入することです。

 

基本的には団体信用保険と同じ考え方ですが、掛け捨てでない医療保険で加入した場合は月々の支払いは高くなる傾向にあります。が、総額で見た場合お支払総額が安くなる傾向にあります。

 

また、世帯主が何事もなく住宅ローンを返済した場合、医療保険は貯蓄型ですので満期まで貯まったお金が貰えます(・∀・)b

 

こうなると団体信用保険よりも生命保険で代用することのほうがメリットが高いと考えられます。ただし、生命保険でフラット35の団体信用生保険を代用する場合、かならず実施なくてならないポイントがいくつかあります。その部分をおろそかにすると、取り返しのつかない事態になってしまいますのでご注意ください!!!

 

 

↑全国に無料保険見直し相談窓口あります!【みつばちほけん】↑


↑団信の代わりに生命保険を利用する場合は、必ず相談しましょう!

ほとんどの方は住宅ローンが安くなります!「借り換え」を活用しませんか!?

↓今後の金利上昇リスクに備える借り換えができます!↓