不動産担保ローン

不動産担保ローンとは

「不動産担保ローン」をご存知でしょうか?実は低金利でのローン・融資に非常に活用できるローンなのです!文字そのままなのですが、所有する不動産物件を担保に入れてお金を借りるという融資方法です。

 

100万円以上のまとまった資金が必要だけど、無担保だとそんなに多額の金額は融資してもらえない・・・そんなときに活用することのできる融資方法です。無担保ローンと比べて融資額は大きいのですが、金利については無担保ローンに比べて半分以下であったりします。セカンドハウス、2件の新築、マンション購入、事業運転資金、不動産投資(アパート、マンション)など、不動産投資や事業投資資金に対する担保ローンとして、「不動産担保ローン」は非常に有効活用できます!

不動産担保ローンでの融資可能額算出方法

低金利ローン、低金利融資が可能な「不動産担保ローン」!不動産担保ローンを利用する際、不動産鑑定士が出した評価額からどのように不動産物件を担保にした融資可能額が算出されるのでしょうか。こちらでは不動産担保ローンでの融資可能額算出方法についてまとめています。

 

不動産鑑定士が出した評価額からどのように不動産物件を担保にした融資可能額を決めるのでしょうか?不動産担保ローンを申し込む際に必要な書類がいくつかあります。



・登記簿謄本

・納税証明

・課税証明

・直近3か月ほどの給与明細

・他のローンの残高

・住宅ローンの残高

などです(金融会社により異なります。)


融資可能額を決定する際には、不動産物件がいくら高評価額であっても、その不動産物件に対しての住宅ローン残高が高かったり、申込者の収入が低く、融資希望額の返済が困難であると判断されれば希望している融資額を融資してもらえないケースもあります。

不動産担保ローンの賢い活用方法

不動産担保ローンは通常の個人ローン、住宅ローンとも違い、どちらかというと事業運転資金としての側面で活用する方が多いようです。また、不動産投資等にも向いていますが、緊急の資金不足等を補う意味のキャッシュ確保、複数の借入の一本化、リフォーム資金などにも最適です!

 

やむにやまれぬ借金・債務・負債を抱えた場合、金利負担分だけでも元金を超えてしまうことがあります。そのような債務超過、金利過剰負担になる前にまとまった資金を低金利で融資してもらえる「不動産担保ローン」で、高金利の借金・債務・負債を返済する、複数の債務、借入、ローンを一本化・・・という活用方法にも活用できます。!

不動産担保ローンの金融機関選び

不動産担保ローンを取り扱っている金融機関は多くあります。銀行、ノンバンク系を含めて融資額、金利、審査基準、融資に利用する目的などを考えて金融機関を選びましょう!

 

不動産担保ローンのメリットは「融資額が大きい」「比較的低金利」「返済期間が長くてもOK」であることは銀行、ノンバンク系も変わりませんが、【融資審査】において大きく対応が変わります。

 

金利、融資額は銀行、ノンバンク系でどちら有利かは実際に無料査定、評価してもらわないとわからないのが実情ですが、審査という面では慎重かつ個人の返済能力にも重きを置くのが銀行系、スピーディで担保の価値に重きを置いているのがノンバンク系といえます!

  • SEOブログパーツ