フラット35 選び方

ラット35 は全期間固定金利で支払い額が一定

「フラット35」をご存知でしょうか。

 

「フラット35」とは民間金融機関と住宅金融支援機構が提携した長期固定金利住宅ローンで、金利が変わらないので毎月の支払額も変わらない住宅ローンです。

 

>> コチラの住宅ローン一括審査申し込みでフラット35を比較できます!【住宅本舗】

 

「金利変動がない安心」「支払額が変動しない固定出費」ですので、給与が上がらないこの時代にマッチした住宅ローンといえます。

 

多くの金融機関(銀行など)で取り扱っています。が、注意が必要です。「フラット35は多数の金融機関が扱っていますが、各金融機関で金利が異なりる」ということです。なるべく低金利でフラット35を利用できる金融機関を選びましょう!

 


フラット35のメリット

最長35年の長期固定金利住宅ローンだから金利、毎月の支払額が変わりません。2000年から続く低金利政策はゼロ金利が終わったもののまだまだ低金利水準です。この金利で毎月の返済額を確定させることは長期的にみて「低金利の住宅ローン」を組むことになりますね。

 

保証料0円、繰上返済手数料0円

通常の住宅ローンで必要となる保証料が必要ありません。保証人も必要ありません。また、返済中に繰上返済や返済条件の変更を行う際も手数料がありません!これは結構嬉しいです。民間金融機関では手数料を取られますので・・。しかも!フラット35は、何回繰上返済を行っても手数料はかかりません。

 

フラット35のデメリット

フラット35住宅は、住宅金融支援機構において独自の技術基準を定め、物件検査を行う必要があります。併せて新築住宅では、建築基準法に基づく検査済証が交付されていることを確認します。物件検査に当たっては、物件検査手数料が必要になります。

 

物件調査を含めているので審査が時間がかかる

上記のような物件審査等を含めて審査に時間が必要なのがデメリットですね。また利用条件、融資対象の条件が厳しく決められています。が、思うほど厳しい審査ではないのでご安心を。

フラット35はオススメの住宅ローン!

フラット35は「低金利政策の恩恵を支払い期間すべてで享受できる」「月々の返済額も増加するリスクを避けたい」という方にピッタリの住宅ローンです。

 

 

>> コチラの住宅ローン一括審査申し込みでフラット35を比較できます!【住宅本舗】

 

 

低成長経済の日本の経済状況と老後・介護に対する備え、子供の教育と今後、家計を脅かすリスクは多くあると思います。その中で住宅ローンの支払いが増えてしまった場合、最悪せっかく購入したマイホームを失うリスクが発生します。出来るだけ住宅にかかる出費は固定化していたほうがいいのです。

 

住宅ローンの支払いが変動するリスクは家計の破綻にも繋がりかねないリスクでもあります。低金利の時代に住宅ローン支払いが変動しないで支払額が決まっている「フラット35」は住宅ローン選びの際、是非選択の余地に入れるべきでしょう!

ほとんどの方は住宅ローンが安くなります!「借り換え」を活用しませんか!?

↓今後の金利上昇リスクに備える借り換えができます!↓