頭金 借入額

住宅ローンの平均借入額

住宅ローンの借入総額は住宅購入や土地の購入の総額に加えて「支払い金利の総額」も加えなければいけません。

 

支払い期限が長くなる、金利が高いほど「住宅ローンの支払い総額は増加する」と考えておきましょう。住宅ローンの支払い総額を出来るだけ安くするには「頭金」を出来るだけ多く準備することが大事です!

 

 

>> 借り換えを考えている方は住宅ローン借り換えセンターで無料相談できます!

 

 

住宅ローンの平均借入額は2001年以降ドンドン増え続けています。金利はゼロ金利から上昇傾向にあり、世界経済の成長と新興国(中国、ロシア、インドなど)の成長で物価が高くなっています。「住宅購入、住宅建築費用も上昇」&「経済成長の鈍化で給与は上がらない」というダブルパンチで住宅ローンの平均借入額は増えていっているのですね。

 

 

↑住宅ローン借り換え相談ならコチラ!自己資金は0円です!↑


住宅ローン 平均頭金・平均返済額 住宅金融支援機構
住宅 購入価格 返済額/月 資金内容
土地付注文住宅 3,849.8万円 118,500円 頭金:883.0万円
金融機関借入金:2,454.0万円
その他の借入金:512.9万円
マンション 3,541.5万円 109,000円 頭金:965.2万円
金融機関借入金:2,288.6万円
その他の借入金:566.4万円
建売住宅 3,820.2万円 115,800円 頭金:898.1万円
金融機関借入金:2,120.0万円
その他の借入金:523.4万円


上記の調査でみると平均の借入額は大体2,000万円〜3,000万円となっています。金利の状況によって変動があると思いますが、出来るだけ頭金を多く準備することで支払い総額は抑えられますね。
国内住宅購入者の平均像 ※個人持ち家住宅(土地含まず)平成10年度
平均建築費 2,937万円(平均建坪:43.4坪)
平均年齢 48.1歳
住宅購入資金の調達先
頭金・自己資金(41.4%) 預貯金 ………………… 29.6%
不動産売却 ……………  7.4%
相続・贈与 ……………  1.8%
その他 …………………  2.5%
借入金(58.6%) 親戚等 ………………… 1.6%
公的金融機関 ………… 41.8%
勤務先 ………………… 4.1%
民間金融機関 ………… 10.7%
その他 ………………… 0.5%
※個人持ち家住宅(土地含まず)のケースです。土地の価格は全国で大きく差があります。平均建坪(建坪=延床)は43.4坪となっています。
※出所:平成10年度 民間住宅建設資金実態調査(建設省)
※1坪は3.305785平方メートル。1坪=約2畳と考えてください。


上記の調査は土地の購入代金を含んでいません!ですので、別途土地の購入資金も必要です。建物+土地のセットで住宅ローンは利用できますが、借入総額と支払い期間が増えることで支払い総額はドンドン大きくなっていきます。借入額は毎月支払える金額を出来るだけ短期間で返済できるように自分たちで考える必要があります。
ほとんどの方は住宅ローンが安くなります!「借り換え」を活用しませんか!?

↓今後の金利上昇リスクに備える借り換えができます!↓