住宅ローン 夫婦

夫婦の収入合算で住宅ローン借入額を増やせる

夫婦で共働きをしている場合には住宅ローンの借入額が増やせます。但し、税金の問題などもありますので、簡単に共働きですので住宅ローンの借入を増やしてくださいとはいきません。

 

夫婦共働きで住宅ローンの借入額を増やすことは可能です。ただし合算方法は住宅ローンの種類によって違うことを覚えておいて下さい。「収入を得ている人が納税しているか?」が大きいポイントになります。夫が会社員で給与所得、妻がパートで夫の厚生年金に加入している場合は不可ということもあります。

 

>> コチラの住宅ローン一括審査申し込みで金利を比較できます!【住宅本舗】

 

 

夫婦共、会社員でそれぞれが給与所得があり、どちらも独自に厚生年金に加入している場合はどちらか年収の高いほうを基準にして考えましょう。ただその際も注意点があります。

 

物件の権利を共有登記(物件の権利を共有物として登記すること)しておく。(夫婦であっても贈与税がかかります。)上記を忘れないようにしましょう。

 

また、共働きとはいえ給与所得者であれば奥様が妊娠・出産による退職、一時休職、どちらかの転勤・単身赴任という状況も考えられます。
夫婦収入合算で借入額を大きくしすぎないようにすることも大事ですね。どちらかの収入で住宅ローンを返済し、片方の収入は繰上げ返済に回す、別途貯蓄に回すなどの資金計画のほうが安心だと管理人は思います。

 


ほとんどの方は住宅ローンが安くなります!「借り換え」を活用しませんか!?

↓今後の金利上昇リスクに備える借り換えができます!↓