住宅ローン 年齢

購入年齢と住宅ローン

住宅を購入し、住宅ローンを組みはじめる方は平均で「35歳前後」が多いようです。

 

ちょうど団塊世代ジュニア(ベビーブーマー、主に30代)で住宅の購入が増えています。

 

家族を持ち、サラリーマンとしても安定しだした年齢です。また、両親の退職などを受け「贈与・援助」が受けやすいというのも「35歳」前後の住宅購入を後押ししています。賃貸物件での家賃支払いよりも住宅ローンを支払う方がよいのでは?と思い出すのも30歳代の家族像を象徴していると思います。

 

 


住宅ローン 平均頭金・平均返済額 平成18年度 住宅金融支援機構
住宅 購入価格
(頭金)
返済額/月 平均年齢 世帯年収
土地付注文住宅 3,849.8万円
883.0万円
118,500円 35.9歳 683.9万円
マンション 3,541.5万円
898.1万円
109,000円 36.9歳 695.6万円
建売住宅 3,820.2万円
898.1万円
115,800円 35.7歳 668.3万円

確かに「家賃」を払うよりは「住宅ローン」を支払った方がよい!と思いますが、住宅購入には固定資産税などの諸経費が毎年かかります。

 

が、「将来にわたって住居の費用に不安がない!」という面はとてもメリットが大きいです。
会社員の方で30歳代は給与も増加を続けて安定します。住宅購入には最適な年齢だともいえます。35歳をメドに頭金を貯めるという考え方もできますね!

ほとんどの方は住宅ローンが安くなります!「借り換え」を活用しませんか!?

↓今後の金利上昇リスクに備える借り換えができます!↓